忍者ブログ
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「三つ子の魂、百まで」なんて言葉がありますが、小さい頃に言われた言葉というのは大人になってからも頭に染みついて取れなくなっている事がよくあります。
そんな言葉の一つに「F2まで取って<繁殖成功>」という言葉があります。
何時、誰に言われたのかも覚えていないのですが、以来私の頭の中ではこの考えが染みついております。
結局「繁殖」というジャンルは「ただ卵を産ませれば良い」という物ではなく、その前段階の「環境作り」から「育て上げる事」まで自分でできて「成功」という事なんでしょうね。
そういう意味では「F1世代の誕生」は1から自分でやった事では無い訳ですからね。
稚魚の段階から自分で育ててきた魚が繁殖するという「F2世代の誕生」にはまた特別な意味があるのでしょう。

そんなF2世代が今育てているグッピー(ギャラクシー)の稚魚になります。
産仔から9日が経過して、ようやく産卵箱から開放し、他の水槽で産まれてしまった子供も稚魚育成水槽に合流させる事ができました。
産卵箱から開放させるのはもう2、3日前にはやっておきたかった作業だったんですが、ひとまず今の所は問題無く飼育できています。

岩崎登さんも著書の中で、(グッピーの)雌雄を外から貰ってきて繁殖させた場合は「F2からが<自分の魚>」と書いておられました。
自分の魚と呼べるこのF2世代の成長が今からとっても楽しみです。
ちなみに稚魚の数はまだ数えていないのですが、前回の「30匹弱の稚魚」と比べると50匹はいるかなという感じがしております。
PR

徹夜明けで妙なテンションになっていた私は予てより雑誌の広告を見て憧れていた某熱帯魚ショップに突然行ってみたくなりました。
普段は居住市内より滅多に出ない私にとってはこのお店に車で行くなんてのは海外旅行に匹敵するほどの大冒険なんです。
幸い一緒に行ってくれる人も見付かったので一睡もしないまま車で出発し、片道3時間(帰りは4時間かかりました)かかってようやくお店に辿り着きました。

さてそのお店とはかつて「都下最大」なんて謳い文句を広告を掲げていた武蔵村山市にある超大型熱帯魚ショップなんですが、着いてみるとその文言も頷ける広さに嫌が上でも気分は盛り上がってきます。
どれくらい広いかと言うと、連れが熱帯魚にあまり興味が無いので私もそこそこ気を遣いつつ全てを見終って「お待たせ」と車に戻ると2時間も経過していたんです。
かつて雑誌のお店紹介で「本気で見たら1日かかる」なんて書かれていましたが、それもあながち大袈裟では無いのかもと思った程です。

では「満足したのか?」と聞かれると「微妙」と答えざるを得ない結果でした。
というのも確かに店舗の大きさも水槽の数も桁外れではあるんですが、一つの水槽に魚を詰め込んでいないので水槽數の割に「ポピュラー種ばかり」という印象だったんです。
空の水槽も何だかけっこう目立ちましたしね。
ただそうは言っても「詰めこまない」というのは魚の状態からすれば良い事ではあるんですけどね。
その証拠に状態の良さそうな魚が多かったのも事実ですし、水槽の管理も行き届いているという印象でした。
「一般的なマニアの水槽の方がよっぽど過密なのではないか」と思える水槽ばかりでしたので。
それに「ポピュラー種」といえども一つの店に同時にこれだけ揃っているというのも珍しい事ではありますしね。

とはいえ「珍しい種類」や「あ、懐かしい」なんて魚もしっかりいたのは確かなんです。
例えば「間違った名前で覚えていました」とつい最近告白したばかりの「ベロネソックス」などはかなり久しぶりに見ましたし、「○○さんに言ったら羨ましが るだろうな」なんて魚がひょっこりといたりもしました(実は「あ、この魚はネタになるな」なんて思いながら見ていた魚があと数種はいた筈なんですが、今に なって細かい名前などが思い出せずに困っています。「徹夜明け+2日経過」というのは記憶を無くすには充分のようです)。

その他にも中古器具コーナーなどがあったり、雑誌のバックナンバーをそこそこ安い値段で売っていたり、大きな駐車場もありましたし、トイレももちろん完備でした。
もし車で1時間圏内にあるお店なら入り浸る事間違い無しのお店にはなったと思います。

ただ如何せん遠すぎでね。
月1で通うのもためらわれる距離なのが残念ではあります。
ただケチ根性からハッキリとは言いませんが、ある小型魚の中に「混じり」というか「変異」を発見しました。
値段にすれば10倍くらいの差にはなるのかな・・・
その時はスルーしたのですが、今になって夢に出るほど後悔しております。
ですのでもしかしたら近々また行くかもしれません。
とはいえ、いざ注文したら「それは別ですよ」と言われる可能性もあるんですけどね。
でもさすがにすぐに行かないともう買われてしまうだろうな・・・

では最後にまとめの一言。
もし熱帯魚に生まれ変わって売られる事になるのなら、私はこのお店で売られたい。

現在、私の趣味予算の大半を占めるのが「アクア」と「園芸」の2大勢力になっています。
そんなアクアと並ぶ園芸で最近、セントポーリアに手を出してしまいました(詳しい事は私の園芸ブログ「Work In My Garden」に書いていますのでもし良かったら見て下さい)。

IMG_0200.jpg

ただセントポーリアは「寒さ」に滅法弱いそうで、冬の寒さから守るために色々と工夫してあげないといけないそうなんです。
そんな対策の一つに空の水槽内で栽培する方法があり、私もその方法で栽培していたんですが、その水槽に入った様子を見ていたらなんだか私の別のスイッチが入ってしまいました。

そのスイッチというのが「クリプトコリネの水上栽培」なんです。
「一度花を見た」というだけの満足感でここしばらくはモチベーションも<だだ下がり>状態だったんですが、ここに来て再びモチベーションが上がってきた感じです。

IMG_3438.jpg

まぁセントポーリアだけの影響ではなく、馴染の店が再びクリプトに力を入れる宣言をした事や、他のお店でクリプトの水上葉状態での販売が始まったりした事も大きかったりするんですけどね。
あとは水中での水草栽培が上手くいかないのも水上に逃げたくなった理由かも・・・

一度はこのブログのカテゴリーからも消えた分野ではあるんですが、年末にかけてまた力を入れてやってみようかなと思ったりもしています。
ちなみに上の写真は以前撮影したものになります。

昨日産まれたグッピー(ギャラクシー)の稚魚達はパクパク餌を食べて、私に「元気だよ」とアピールしてくれているかのようです。
今の段階で確認できる奇形もないようですしホッと一安心といった感じです。

ところでそんな順調な稚魚達とは裏腹に、飼育者である私はすでに2度の失敗を重ねてしまいました。
1つ目の失敗は昨日の日記に書いたので、改めて恥を晒すのもなんなので敢えて今日は書かないでおきます(気になる方はコチラを見て笑って下さい)。
そして今日は2つ目の恥を晒そうと思います。

まず産仔が終わった段階でお母さんグッピーを違う水槽の産卵箱に引越しさせました。
これは産仔で疲れた身体を休めて貰おうと思っての事でした。
ただこの移動が失敗だったんです。
実はお母さん、まだ産仔の途中だったようなんです。
私も「まだお腹が膨れているな」とか「動きが緩慢だな」とは思っていたんですよ。
ただ産卵箱の底に落ちない稚魚が増えて来た事もあって、お母さんを早く別の水槽に引越しさせようと気が焦っていたんです。

そして気が付いてみると、お母さんの引越し後の産卵箱にも稚魚が泳いでいるという結末に・・・
これで「稚魚用水槽」「稚魚用水槽の産卵箱」「養生水槽の産卵箱」と稚魚が3箇所に別れて生活する事になってしまいました。




昨晩グッピーお見合い水槽に目をやると、メスが水槽奥でジッとしているのを目撃しました。
いつもなら「体調を崩したのか!?」と慌てる所なんですが、今回はちょっと様子が違うんです。
というのも私が顔を覗かせた時などに前面にやってくる動きを見れば調子を崩していない事は私でも何となくわかるようにはなりました(グッピーは食いしん坊なので体調が悪くても餌をねだりに前面に来ますので「餌を要求する=元気」とは必ずしも言えないんです)。
となると頭に浮かぶのは「いよいよ産卵か!!」という事になります。
ただ昨日は久々の遠出ドライブをしたという事もあって疲れていたので「産卵箱には明日入れれば良いや」と寝る事にしました。

そして今日、水槽を覗くと「時、すでに遅し」でした。
すでに稚魚が10匹ほど泳いでいるんです。
そうです、今回も産卵箱は間に合いませんでした。
ただ一つだけ言わせて頂ければ・・・

入れるタイミングはわかっていたわけだから!!

・・・なんて負け犬根性を爆発させながらオスを別水槽に移し、メスは稚魚をまだ産みそうなので産卵箱に入れておきました。
そしてその時に撮ったのが下の写真になります。
 
IMG_0272.jpg
 

グッピーを買う前から勇み足で購入しておいたウチの産卵箱が初めて本来の使い方をされた記念すべき場面になります。

さて今回も間抜けな失敗が付いた産仔だったのですが、実はもう一つ失敗をやらかしてしまったんですが・・・それは日付けが変わってからの事なので明日の日記にしてまたアップしたいと思います。




&lt;&lt; 前のページ 次のページ &gt;&gt;
管理人・s-nobのサイト
「s-nobの熱帯魚」
熱帯魚関連のメインホームページです。
「Work In My Garden」
私のやっている園芸関連のブログです。
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
忍者ブログ [PR]