忍者ブログ
[106]  [105]  [104]  [91]  [103]  [102]  [101]  [99]  [100]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


休みを利用して今まで行った事のなかった某大型熱帯魚ショップへと行ってきました。
さすがに「大型店舗」というだけあって1時間半ほど店内を彷徨きましたがまだ見足りない感じがしております。

そして何より嬉しかったのが私好みの小型魚が豊富だった事でした。
「ミクロラスボラ・ルベスケンス」「ラスボラ・バンカネンシス」「ラスボラ・カロクロマ」「レッドフィン・レッドノーズ」「ペンシルフィッシュ数種」「オトシン数種」などなど目移りして目が回りそうになりました。
またすぐに来られるような店なら今回は「調査」だけで帰っても良かったのですが、次は何時来れるかわからないお店だったので珍しい魚は連れ帰りたいという思いがあってかなり悩みました。

そうして連れ帰る事に決めたのが写真(下)の「パロトシンクルス・スピロソーマ」(Parotocinclus spilosoma)です。

IMG_4366.jpg
(クリックして頂ければ大きな画像になります<30.8kb>)

全長は6cmとすでにMAXサイズと思われる個体を選んできました。
すでにボルケーノ・オトシンがトリートメント中なのでオトシン2種のトリートメントは疲れるかなとも思ったのですが、結局オトシンを選択しておりました。
しばらくはオトシンのトリメンで神経を使い切る毎日が続きそうです。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
オトシン系ブームのようですね
水草水槽で飼えることや大きくならないことは
プレコと違って魅力ですね
はむたん URL 2007/07/06(Fri)22:05: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
私の今までよく行っていたお店はオトシンをあまり扱わないんですよ。
珍しいのでゼブラを入荷するくらいで。
ただ近頃は新規開拓した店などもあってけっこう色々なオトシンと出会います。
そうなると今までの鬱憤を晴らすかのようにお迎えしたくなっちゃうんですよ(笑)
また「この機会を逃したら次はないぞ」ってな強迫観念もあったりして(^o^;

しばらくはプレコでなくオトシン収集に走りそうですよ。
小型なのもオトシンの良い所でしょうかね。
【2007/07/06 22:40】
無題
袋にパッキングされた状態で売ってました?
もしかすると土日限定かもしれませんが、かなり安いですよ。

僕ちんが行った時は・・・ロングフィン・ブッシーが1000円弱。
「これが・・・はむたんさんの欲しがってる・・・」などと笑ってしまいました。

海水魚コーナーのお兄ちゃん・・・僕ちんの事 覚えてるかな???(笑)
「K」 URL 2007/07/07(Sat)12:00: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
>袋にパッキングされた状態で売ってました?

私の買ってきたのは水槽に入ってました。
ただパッキングされた魚もいましたし、そういう魚は確かに安かったですね。
それにHPをみていると土日の限定セールはすごい値段で驚きますね。
また行きたいお店になりましたよ(^o^)

【2007/07/07 15:33】
これは「ペルナンブコ」です
S-nobさん、
こんばんは。そして、ご無沙汰しております。元枝支部ybkjです(爆。

記事とお写真、拝見致しました。
「ボルケーノオトシン」は、入荷時の調子の良し悪しが結果のすべて
ですから、素人である私たちが立ち上げるのはとても難しいお魚です。
死んでしまったからと言って、あれこれ悩むよりも、販売店が悪いんだ!
ぐらいでいた方がよいですよ!安く売るには理由がある訳ですから。。。

さて、お写真の「オトシン」君、「パロトシンクルス・スピロソーマ」と
言うには些か無理があるようです。真横の写真があれば確実に判明するの
ですが、この個体は明らかに「P.sp.ペルナンブコ」です。
「P.スピロソーマ」にしては、目と目の間が広く、頭が扁平しすぎ。
また、模様の黄色星が各々独立していないで、繋がって見える模様が点在
しています。尾びれの模様も見た感じ、Wが二つ重なっていると思います。
これは「ペルナンブコ」と「P.ハロルドィ」の特徴で、「P.スピロ
ソーマ」には無い特徴です。

生息地は緩やかな流れの砂地で、流木などが漂着しているような瀬だそう
です。「オトシン」として飼育しても長生きせず、むしろ「プレコ」として
育ててください。それくらい、「オトシン」らしくない「オトシン」です。

頑張って下さい!


ybkj 2007/07/09(Mon)23:39: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
御無沙汰しております。
いつも貴重な情報と御意見をありがとうございます。

>この個体は明らかに「P.sp.ペルナンブコ」です。

これがペルナンブコでしたか!!
以前ハラルドイの事を教えて頂いた折に名前を伺ったのですが、あまり情報もなくどんな種類なのだろうと思っていました。
これがそうだとすると嬉しいです。
実はスピロソーマとハラルドイの違いを色々と観察できればと思っていたのですが、これでペルナンブコとハラルドイの違いをゆっくり観察してみようと思います。

実は手元にある図鑑や雑誌ではスピロソーマすら確認できず、最初はスピロータの事なのかなと思いつつ見比べておりました。
やはりもっと情報を集めなくてはいけませんね。

>「オトシン」として飼育しても長生きせず、むしろ「プレコ」として育ててください。

正直私のレベルではオトシンもプレコも飼育方法に違いは見出せないのですが(^o^;、「プレコのような種類」というのはすごくわかる気がします。
ここ数日間見ているだけですがそんな印象を受けました。

>頑張って下さい!

ありがとうございます。
まずは「長生き」を目標に頑張ります!!
【2007/07/10 04:51】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人・s-nobのサイト
「s-nobの熱帯魚」
熱帯魚関連のメインホームページです。
「Work In My Garden」
私のやっている園芸関連のブログです。
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
忍者ブログ [PR]