忍者ブログ
[209]  [208]  [207]  [206]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日、稚魚を確認したオトシン ネグロは繁殖を目指して専用水槽で飼育していましたので、その辺の環境などを書き記しておこうと思います。
ちなみに水質データなどは産卵や孵化時の物ではなく、私が初めて稚魚を発見した時に計測したものです。

ではまずは水槽の紹介から!!

330e9129.jpeg


36cm水槽に大磯砂を使った底面濾過で、水草は流木に活着させているミクロソリウムを一つ入れてあります。
照明は隣の水槽と兼用で20Wを1灯載せて、点灯時間を6時間としていました。
この中にオトシン・ネグロを6匹のみ入れて飼育しています。
ちなみにそのうち3匹はウチで1年以上飼育している4cm以上の成魚で、これはワイルドなのかブリードなのかわかりません。
また残り3匹は3cm弱のおチビちゃんで、こちらは愛好家の水槽で増えた個体です。
また水質は水温24度、ph7.5、GH5となっていました。

ご覧のように特に工夫を凝らした点などはなく、ごくごく一般的な構成だと思います。
それでも「強いて拘った点は?」と聞かれれば「底面濾過を採用した事」でしょうか。
これはまた機会があれば詳しく書いてみようとおもっているんですが、簡単に書けば「強力な濾過能力」と「生きた底床」を狙っての事です。

さて最後に稚魚と成魚の写真を掲載しておきます。
成魚の方は3cmほどなので愛好家宅でブリードされた個体になります。

IMG_7009.jpg
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いえいえ・・・厚めの底砂を見れば謙遜されなくても全て分かりますよ。
さらに!後ろの新聞紙には「スペイン」の文字。

・・・笑ってしまいました。
「K」 2008/04/17(Thu)12:50: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
あ、スペインの文字がありますね(笑)
全然気が付きませんでしたよ。
貧乏臭いバックスクリーンではありますが安上がりですからね。
保温効果もあるでしょうし重宝してますよ。
【2008/04/17 18:21】
無題
自分もネグロ水槽には底面ろ過を採用しております。
水が綺麗です。s-nobさんのおっしゃるようにろ過能力は強力なんじゃないかなと思っています。

うちのネグロたちも繁殖してくれないかなぁ。
おなかパンパンな子もいるんですけどね・・・。
ゆういち URL 2008/04/17(Thu)20:53: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
ガラス面が汚くてお恥ずかしい限りです(^o^;
繁殖水槽だからと思って下さいね。
(とはいえウチでは観賞用水槽でもこんなものなんですけどね ^o^;)

>自分もネグロ水槽には底面ろ過を採用しております。

フィルターに関しては一長一短ではあると思うのですが、底面濾過がしっかりと効いた時の底床はオトシンにとって良い影響をもたらすのではないかと期待しておりました。
また稚魚育成に置いては特にその効果が発揮されると思い今回採用してみた次第です。
とはいえやっぱり短所はありますから一長一短ではあるんですけどね(^o^;

>おなかパンパンな子もいるんですけどね・・・。

それではもう一踏ん張りですね。
きっと今に稚魚がガラスに張りついている姿を確認しますよ(^o^)
私もゆういちさんに負けぬようにしっかりと稚魚を育てあげたいと思います(^o^)v
【2008/04/17 21:41】
無題
うわぁ~ネグロのベビーちゃん、ちっちゃいですね~!
でも、もうオトナと同じ格好してくっついてるのが可愛いですね♪
これからの成長も楽しみにしております^^
ティアラ姉 URL 2008/04/17(Thu)21:39: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
そうなんですよ。
こんなに小さいのに大人と同じようにくっついているんですよ。
でも張り付く性質がなかったら未だに発見できてなかったかもしれません。
さすがに前面に張り付いていれば私でも見逃しませんからね(^o^;

ここまでは稚魚の力で生き抜いてきて貰いましたが、ここからは私が親代りで頑張らなくてはいけませんからね。
しっかりとお世話しますよ(^o^)v
【2008/04/17 21:46】
無題
底面濾過って使ったことがないので、興味津々です。
何か水槽を立ち上げるときには大磯もあまってることだし、チャレンジしてみようかなぁ。
ちびネグロちゃん元気に育ちますように。
kiy URL 2008/04/17(Thu)23:51: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
偉そうな事を書いてしまったんですが、私も底面濾過で長く管理した事ってないんですよ。
1年ほどが最長記録かな・・・とはいえ問題があって止めた訳ではないんですけどね。

数年前までは「扱いづらい」なんて烙印を押される事も多かった底面濾過ですけど、近頃は「ソイル+底面」が注目されているようでまた活気が出てきた感がありますよね。
大磯があるなら出費も大きくなく導入できますから、一度試して見るのも面白いかもしれませんね。

>ちびネグロちゃん元気に育ちますように。

ありがとうございます。
私も気合いを入れて飼育しますよ(^o^)v
【2008/04/18 01:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
らんちゅうの交配させ方
らんちゅう飼育に慣れてくると、らんちゅうを交配させて稚魚から飼育してみたいと思うようになりますよね。 らんちゅうが産卵するのは水温が20度以上になる春になってからですが、上手に産卵させる為には、秋から冬にかけて準備しておくことがポイントです。 らんちゅうが春になって良い産卵ができるよう、冬の間に体調をしっかり整えておいてやりましょう。 病気をさせないように水質管理を徹底し、肥満魚にさせないことも大切ですよ。 肥満になってしまうと、オスは精力が減退し、メスはお腹が...
URL 2008/06/10(Tue)10:
「s-nobの熱帯魚」
熱帯魚関連のメインホームページです。
「Work In My Garden」
私のやっている園芸関連のブログです。
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
忍者ブログ [PR]