忍者ブログ
[248]  [247]  [245]  [246]  [244]  [242]  [243]  [241]  [240]  [239]  [238
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


18日に産まれたグッピーの稚魚とそのお母さんは今日も元気にやっています。
稚魚の写真は昨日掲載しましたので、今度はお母さんの写真を掲載しようと思います。
「この程度のお腹の膨らみは普通なんだぞ」という意味を込めて、私の後学のために!!

IMG_8149.jpg

こんな感じですっかり身軽になったお母さんなんですが、現在は産卵箱で一人暮しをしております。
ただいつまでもこの狭い産卵箱に閉じ込めておく訳にもいきません。

IMG_8135.jpg

そこで考えなくてはいけないのがこのお母さんの身の振り方です。
稚魚がきちんと育ってくれればもうこのお母さんを繁殖に使う予定はありません。
ですのでどこかでゆったりと隠居生活を満喫して貰う予定です。
ゆくゆくはこうしたお母さんや選別洩れのメスだけを入れる「女の園・水槽」を立ち上げるつもりなんですが、今はまだ立ち上げていません。

ですので他の場所を探さなくてはいけないんですが・・・
期間限定ではありますが屋外の睡蓮鉢というのも面白そうです。
もしくは数日中には立ち上げなくてはいけない稚魚選別水槽のスターティングフィッシュとしてもう一働きしてもらうのもこちらとしては都合が良いやり方ではあります。
ただどちらにしてもすぐに出ていって貰う事になるので「仮住い」には変わりないんですけどね。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
遅くなってしまいましたが、生まれたんですね!!
おめでとうございます。
お母さんのお腹があれで普通なのはびっくりです!!
まだまだ、赤ちゃんが生まれそうですね!!
みず吉・ 2008/06/21(Sat)20:47: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
ありがとうございます。
つい数日前にようやく産まれましたよ。
お蔭でネタができて更新もはかどっております(笑)
お母さんの方はまだまだ現役でいけそうですよ。
また1ヶ月ほどで次のを産みそうな感じですしね。
【2008/06/21 23:35】
こんにちは。
選別したあとのグピイのことを
考えてあげるのはすばらしいです。
なんだかこわい話も聞きますから
がんがってください!
tkatsu URL 2008/06/21(Sat)21:26: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
「捕らぬ狸の皮算用」は私の得意技ですから、もう増えたあとの事ばかり考えて飼育してますよ(笑)
でも大概はいつも空振りで終わるんですけどね(^o^;
実は十数年前にもグッピーを飼育したいと思った事はあったんですが、その時は増えた稚魚の事を考えられずに断念したんですよ。
今はある程度覚悟を決めてやってますよ。
【2008/06/22 04:00】
無題
綺麗な肌してますね。

もう暫く様子を見てやって下さいね。
次の仔も♂無しで産まれちゃう可能性がありますから(笑)
「K」 2008/06/21(Sat)21:44: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
私の予想ではあと1回は卵を産むと睨んでおります!!
ですので睡蓮鉢に入れれば10月の始め頃までには太陽の下で育った稚魚がとれるのではとも考えているんですけどね。
とはいえ基本的には次に産まれてくる子供の事は考えておりません。
それよりも早く処女メスを確保して遺伝で遊びたいのです(^o^)v
【2008/06/21 23:41】
無題
一回だけ生ませて終わりなんですね!でも、ドンドン殖えるのがグッピーですから、その方が良いとは思います。
恵美安 2008/06/22(Sun)08:21: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
私のメスは処女メスではなかったので今回産まれた子供や次の子供などはお父さんがわからない子供になってしまいます。
品種の違うグッピーが産まれてくる事はないとは思うのですが、遺伝で遊ぶためには面白みが半減ですので、今回は一度だけしか採らない予定でおります。
【2008/06/22 17:50】
無題
繁殖は一度だけなんですね。
何度も繁殖させるより長生きさせてあげられそうですね〜。
そういえば稚魚は何匹とれたんですか?

稚魚で一番大変だったのはどの種ですか?
といっても餌さえ苦労しなければどんな種類でもそんなに大変じゃないのかもしれませんね…(^^;
F.I.L.O 2008/06/22(Sun)16:15: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
>繁殖は一度だけなんですね。

このお母さんに限っては子供を確保するのは今回だけの予定です。
産仔自体は性胞がまだ残っていると思うのでするかもしれませんけどね。
とはいえ稚魚育成が失敗に終わったり、あまりよいメスがいなかった時は現役復帰をお願いするかもしれないんですけどね(笑)

>そういえば稚魚は何匹とれたんですか?

そういえばまだ書いてませんでしたね。
というよりも産まれた事に満足しちゃって正確に数えていませんでした(^o^;
概算で25匹前後くらいだと思います。

>稚魚で一番大変だったのはどの種ですか?

偉そうに書けるほど繁殖に成功している訳ではないんですよ。
今まで成功した魚はチェリーバルブ、オトシン・ネグロ、グッピー、メダカと4種類のみですし、全て入門種ですからね(^o^;
でもこの中で書かれればチェリーには苦労しました。
仰るように体が小さいので食べているかどうかも定かではなかったですからね。
ちなみに一番楽だったのは(魚ではないんですが)レッドビーですね。
グッピー以上に餌に気を遣わないでもすみましたので(笑)
【2008/06/22 18:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人・s-nobのサイト
「s-nobの熱帯魚」
熱帯魚関連のメインホームページです。
「Work In My Garden」
私のやっている園芸関連のブログです。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
忍者ブログ [PR]