忍者ブログ
[287]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


バンガー大学の某チームの研究によると「グッピーのメスはオスによるセクハラから逃れるためなら、餌を捨て、さらには身の危険があるような場所にでさえ逃げ込む」のだそうです(研究の詳細を私は読んでいません)。
もしこの考察が正しいのだとしたら成熟したグッピーのオスとメスはある程度別かれて住んでいる事になるのでしょうか。
というのも水槽の中で見ているとオスのアタックはストーカー並に行われています。
これを避けるにはもはや遠くへ逃げるしかない筈です。
人間だってストーカーと同じマンションに住んでいては安心できないでしょうからね。

しかしそうなると自然下でグッピーというのは雌雄別々のグループを作り生活していて、ある時雌雄のグループが出会った段階でメスはオスから精胞を貰うという事なんでしょうか。
もしそうなら「精胞」という交配の仕組を採用したのも頷ける気がします。
だってオスが常に身近にいるのなら一度の交尾で何個も精子のパックを貰って置く必要はないでしょうからね。
産仔周期や寿命、一度の交尾で貰う精胞の数を考えるとグッピーのメスは一度の交尾だけで一生分の精子を貰うと考えても良い筈です。
つまり男との情事は一度だけで、あとは独立して生きていける<強い女性>という事なのかも知れません。
さらにはこうして成熟した段階で別々のグループを作ってしまえば近親相姦によるリスクも減らせる事になりますしね。

とここまで書いてちょっと長くなってしまったので続きはまた明日にでもしたいと思います。
しかし今日は「近親相姦」だ「ストーカー」だ'「精子」だと危ないワードが出てきました。
違った目的で訪れる人がちょっと増えそうな予感です。

「補記」
冒頭で書いたハンガー大学の研究結果は英国王立協会の生物学誌「BiologyLetters」に掲載されたようです。



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ハッキリ言いましょう♪
 →ブライン孵化器は買いません(笑)。

んで?
 問題は『自然環境下での出会いの頻度』ですよね?
  グッピーの様な捕食され易い種で、寿命が短い魚は・・・どうしてもこの様な繁殖形態でしょうね。
  乾季のある南米の魚なら、年に1回はパートナーに恵まれる可能性は非常に高いし・・・

出会いが少ない→卵胎生へと変化したのではないでしょうか?

 卵胎生=中南米って勝手に決め付けてるんで・・・その辺の浅い考えですよ(笑)。
「K」 2008/08/18(Mon)20:44: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
彼らの研究結果を元に想像してみると卵胎生魚のメカニズムを採用したグッピー達がなかなか賢く感じられますよ。
とはいえ本当に自然下に置いてオスとメスのグループに別れて生活しているものなのか・・・そこは私の想像でしかありませんからね。
さらに卵胎生魚と一口にいっても累代繁殖による弊害のでやすさは様々のようですから、この辺と彼らの棲息環境の関係も興味が出てきました。

そして私にとって一番の問題はKさんがブライン孵化器を買わないという事実ですよ。
残念だな(笑)
【2008/08/18 21:48】
無題
なるほどー。自然下でのグッピーの生活が想像できて興味深いお話です。
なんとなくグッピーって人工の環境で育っているイメージしかありませんでした。
オスから逃げやすいような隠れ家とかを多く用意した方がメスにとって過ごしやすい環境になるでしょうか?でもオスは不満か…(^^;
グッピーが快適に過ごせる環境を作ってみたいです。
F.I.L.O URL 2008/08/19(Tue)12:51: 編集 | RES
いつもコメントありがとうございます
>なんとなくグッピーって人工の環境で育っているイメージしかありませんでした。

ワイルドグッピーとブリードグッピーでは「もはや別種」と言う人もいるくらいですから、水槽の中にあってはこの想像は適用されないかも知れませんね。
なんせ水槽の中のメスってオスを押し退けて餌をたべてますものね(笑)
こうなるとワイルドのグッピーも買ってみたくなりますよ。

>でもオスは不満か…(^^;

メスをいくら探してもいないとなるとオスはストレスを受けるんですかね。
それともいないならいないで平気なのか・・・
そんな事を考えていると興味は尽きませんね。
ちなみに人間の男ならストレスになりますよね(笑)
【2008/08/19 15:12】
無題
う~ん…奥の深い話しですね!でも、想像を膨らますのは、楽しい事です♪
恵美安 2008/08/19(Tue)22:01: 編集 | RES
こちらにもコメントありがとうございます。
生息地に思いを巡らすのもまた水槽を作る時の楽しみでもありますよね。
そんな思いが高じすぎて現地に飛んでしまうマニアもいるみたいですしね(^o^)
【2008/08/19 22:32】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人・s-nobのサイト
「s-nobの熱帯魚」
熱帯魚関連のメインホームページです。
「Work In My Garden」
私のやっている園芸関連のブログです。
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
忍者ブログ [PR]